眠り屋・ふとんの 志なのや | 眠りが変われば人生も変わる! あなたの眠りの相談室 | 新潟県上越市大潟区
あなたの眠りを変えるためにあなただけにフィットする枕、ぐっすり眠れる布団、そして眠りに関するご相談なら「眠り屋・ふとんの志なのや」におまかせください! | 新潟県上越市大潟区

羽毛ふとん仕立て直しの最近のブログ記事

暑い季節は『羽毛布団の仕立て直し』の最盛期です。
今朝も6時前から工場に入って3枚仕上げてきました。*暑い日中はじっくりと仕立て直しが出来ないので、早朝からの仕事になります。

sDSC01459.jpg
上の画像は少し昔の写真ですが、こんな感じで一枚一枚羽毛の状態を確認しながら仕立て直しを行っています。↑

今の時期に仕立て直しをしておけば、寒くなってからふかふかのお布団で眠れます。

7月に予定していたチラシの折り込みを訳あって中止にしたので、大特価の側生地が20枚分あります。

羽毛布団を10年近くお使いの方は、ぜひこの機会に仕立て直しをご検討下さい。

お値段や詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。→0120−505−168でお待ちしています。






ここのところ日中は暑い日が続いています。

朝晩はまだ肌寒い感じですが、そろそろ冬布団を仕舞ってもいい感じの気候です。

 

冬の間頑張ってくれた冬布団、押し入れに仕舞う前には陰干しをして湿気を飛ばしてから仕舞われると思いますが、使われている年数が3年以上でしたらもう一歩進んだお手入れをお薦めします。

 

【羽毛ふとんの場合】

お手入れその①・・・ふとん丸洗い(寝汗の度合いにもよりますが、2~3年毎の丸洗いをお薦めします。カバーを掛けていても、お布団の側生地は思っている以上に汚れているので、定期的な丸洗いで清潔にしていたいものです。)

 

 

お手入れその②・・・羽毛の部分足し(衿元や足元など部分的に羽毛が劣化してカサが無くなった部分に、新しい羽毛を補充いたします。)

 

 

お手入れその③・・・羽毛ふとんの仕立て直し(古くなった羽毛ふとんから中身の羽毛を取り出して、洗浄・選別して新しい側生地に入れ直します。新しい羽毛を追加する事も可能なので、状態の良い羽毛ならば見違えるほどの仕上がりになります。)

 

以上が羽毛ふとんの代表的なお手入れ方法です。

 

お布団を押し入れに仕舞われる前にお手入れを済ませておけば、今度の冬もあったかいお布団でお過ごしいただけます。





本日は朝の5時から工場に入りました。

 

朝から何やってんの?・・・と思われると思いますが、蒲団職人の仕事です。

今頃の時期から冬の間に使っていた羽毛ふとんをお手入れされる方が多くなります。

 

お手入れにもいろいろな方法がありますが、長年使用した布団なら『仕立て直し』がお薦めです。

 

仕立て直しは、布団の中の羽毛を洗浄・選別して新しい側生地に入り直して仕上げます。

 

中の羽毛が傷んでいる場合、新しい羽毛を足す事も出来るので、お手入れの中では一番効果があります。

 

当店ではこの仕立て直しを自店の工場で行っています。(洗浄は提携工場にお願いしています)

布団職人のこだわりとして、地元上越では一番最初に羽毛の仕立て直しを始めました。

20年近くなりますが、当時は羽毛の仕立て直しは一般的には知れ渡っていなかったので、お客様の反応もあまりありませんでしたが、徐々に広がっていきました。

 

今では業者さんにお願いをして仕立て直しを取り扱っているお店もありますが、直接自分でお客さんの羽毛を確認しながら仕立て直しを行っているのが当店の自慢です。

 

布団職人の心意気で仕立て直しを行っています。

 

 





昨日、羽毛ふとんのお手入れに長年使われた羽毛ふとんをお持ちいただきました。

sIMG_6647.jpg

 

ずい分使われたそうで、側生地も破れていてカバーの中に羽毛が飛び出している状態でした。

 

 

見た目からもカサがなく保温力が落ちているのが分かりました。

 

 

当店では、『羽毛ふとん診断士』の認定を受けている者が2名います。

 

sIMG_6645.jpg

 

 

 

 

 

お持ち込みいただいた場合はお客様と一緒に、専用の機械を使って羽毛の状態を診断致します。

 

 

←この機械で診断します。

「へ~~~~~っ!!」とお客様も感心してくださいます。

sIMG_0229.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年使っていると、想像以上にお布団の中身(羽毛)は傷んでいます。

 

 

羽毛の状態によって最適なお手入れ方法(仕立て直しや足し羽毛)のご提案をさせていただいています。

 

IMG_6646.jpg

 

 

 

 

 

お客様も普段用には新しいお布団をご希望でしたので、ポーランド産のマザーグースのダウンを使った人気のお布団をお買い上げいただきました。

 

 

 

 

お持ちいただいたお布団は、仕立て直しをしてお客様用にされることになりました。

 

 

 

 

 

暖かくなってくるこれからの季節、冬の間使った羽毛ふとんも押し入れにしまう前に一度お手入れをお薦めします。

早め早めのお手入れが羽毛ふとんの寿命を長く延ばしてくれます。  





ホームページをご覧いただいている方に感謝の気持ちを込めて、ホームページ限定の特別価格で『羽毛布団の仕立て直し』を承ります。

sDSC01459.jpg

WEB限定の特別価格は羽毛布団シングル仕立て直し・・・10,000円(税込)です!!

10,000円での内容には、羽毛の診断・選別・洗浄、新しい側生地、追加羽毛、加工賃が含まれています。

 

通常お店でのチラシの大特価でも18,900円(税込)が精一杯の価格なんですが、今回特別に大奮発致します。

ですので・・・枚数は限定5枚です。生地の柄は少し古めです。(カバーを掛ければ見えなくなるのでお許しください)

 

ただ・・・お願いがあります。

 

羽毛布団の仕立て直しは、現状の羽毛の診断が大切です。ですので、お店までお布団を持ち込める方に限らせていただきます。

無料診断で現状の羽毛の状態を診断の後、承らせていただきます。

先ずはメールにてお申し込みください。お待ちしています!!

 





今の時期、羽毛布団の仕立て直しでてんてこ舞いです。sDSC01459.jpg

上の写真は数年前の写真ですが、こんな感じで羽毛布団の仕立て直しを行っています。

 

毎朝6時くらいから自店の工場に入って作業を行っています。

 

一枚一枚心をこめて仕立て直しを行っていますのでお客様にはお待たせすることもありますが、自信を持った仕立て上がりを心がけていますのでご了承ください。

 

側生地のタイプもいろいろとありますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 





8月・9月と10月の現在まで、羽毛布団の仕立て直しでてんてこ舞いです。

 

布団作りの職人として、羽毛布団の仕立て直しを始めて13年程が経ちました。

当店のある新潟県上越市では一番最初に羽毛布団の仕立て直しを始めて、今でも専用の機械で店主自ら羽毛の吹き込み(仕立て直しの工程)を行っているのは、上越地方では当店だけだと思います。

 

開始当初は『羽毛布団は一生物』といった売り文句で買われた方が多かったので、チラシを折り込んでも反応はなく、なかなか浸透しませんでした。

 

ですが次第にお客さまも、側生地の傷みや、ふとんのヘタリ具合などを気にされるようになって、徐々に仕立て直しの枚数も増えてきました。

 

今ではこの上越市でも当店の他に仕立て直しをされるお店もあって、羽毛の仕立て直しも一般的になったな~と感じています。

 

 





長年使った羽毛ふとん・・・

 

お手入れされていますか?

 

sDSC01464.jpg

↑上の画像の布団は、15年くらいお使いのふとんです。

 

 

お手入れの方法は、①そのまま洗う『丸洗い』 ②ぺちゃんこになった部分に補充する『部分足し羽毛』 ③中身を洗って、痛んだ羽毛を取り除いて新しい側生地に入れなおす『仕立て直し』の三通りあります。

 

 

上の布団は『仕立て直し』に決定しました。

 

仕立て直しのお話は後日・・・