スタッフブログ - 眠り屋・ふとんの 志なのや | 眠りが変われば人生も変わる! あなたの眠りの相談室 | 新潟県上越市大潟区
あなたの眠りを変えるためにあなただけにフィットする枕、ぐっすり眠れる布団、そして眠りに関するご相談なら「眠り屋・ふとんの志なのや」におまかせください! | 新潟県上越市大潟区

スタッフブログ

2013年3月アーカイブ

春ですね〜

| コメント(0)

ここんとこスタットレスタイヤをスタンドや

ご自宅で取り替える姿をたくさん見かけます

「春が来たんだな〜」と思う今日この頃。

こちらでは冬タイヤの替え時期が結構微妙で

うっかり早めに替え過ぎて春のなごり雪に泣く

ハメになるので(苦笑)


だから、今、現在の状況だと

「まずい、早く替えないとスタットレスタイヤが

目減りする〜」って感じです(汗汗)


春と言えばそろっと枕を替えようと思う人が

多くいらっしゃっいます。


先日は、セミオーダーからの買い替えの

お客様がご来店、「このオーダー枕は10年間高さ調整無料です!」と

お話すると「おら、10年も生きてないでね〜」と

ご高齢の旦那さん(80歳くらい)がおっしゃってたので

「そんな事言わないでくださいよ、これをきっかけに

長生きして枕の調整にいらしてくださいね〜」と

お話させてもらいました。


本当に元気でお越し下さい!!お待ちしています!!













息子がいよいよ新生活に向けての

準備がはじまり、何から始めていいのやら〜

なんとなくボワ〜としてますが明後日には

卒業式が待っています!!


私は一人暮らしをしたことがないので

不動産屋さんとアパート物件の話をするのも

ドキドキでなんか一人暮らしって結構大変なんですね。


しかし、今って便利で寝具から家電から引っ越し業者まで

不動産屋さんが仲介してるんだからすごいですね。

どうりで新生活の寝具を買う人が少ないわけですね〜


でも最低でも4年間使うんですから「これ?」って

思うような寝具は使ってほしくないですね〜

(だいたい、マメに干さないだろうから)


ですから、うちの息子は当然ですが引っ越し運賃が

掛かってもフルセット持たせますよ〜!!

それに見合う学生生活を送ってほしいです(苦笑)











3.11

| コメント(0)

本当に月日が流れるのが早くて

この日を迎えると申し訳ない思いでいっぱいです。


画面の向こう側には何も進んでいない光景が

広がっていて。あの支援されたお金はどこに

使われているんだろう?と不思議な気持ちでいっぱいです。



相変わらず「◯◯産の農作物は子供に食べさせない」

なんて自分ちさえよければいい、能天気な人たちに

呆れるばかり。


あそこで未来に向かって一歩づつ暮らしている

子供達と同じなのに。そんなことしていたら

経済は動かないぞ!!電気のある暮らしをして

いるんだから罪と罰を感じなきゃいけないんじゃない?



先日、警察の免許の講習会で今年に入って新潟県で

交通事故で亡くなった方が100人を超えていると

聞いてびっくりしたけれど震災でこれだけ亡くなって

まだ、人ってどこかで亡くなっているんですよね。

本当に生きてるのって奇跡かも知れないですね。


東日本大震災でお亡くなりになった方へ

ご冥福をお祈りいたします。









本日、下の娘の学年で2分の1成人式を行ないました!

それは、上の息子達の学年が初めて行なった行事で

あと2年でその息子達が本当の成人式を迎える事を思うと

感慨深いです。


息子もどうやら、家を継ぐような気持ちが出てきたようで

こちらも10年頑張らなくては〜と思う今日この頃です。


そして〜

今年は色んな意味で変化する事になると思います。

まずは4月から。


そうそう、4月といえば入園式ですね

ただいま保育園のお昼寝布団もご注文承け賜っています。


「やっぱり、触ってみると違いますね〜」

たぶん、安売りのお布団と比べてるんでしょうね。


そうなんです、最近、お昼ね布団をお手頃価格の

商品でというママさん多いんですが‥‥ちょっと待ったです!!


そういうのは化繊わたが多く、3年、4年毎日使うには

保ちが悪い上、汗を吸わない蒸れるんですよ。


「お下がりをもらったから〜」っていうのも‥‥。


良い綿のお昼寝布団はまだまだ使えますが

正直ところ、綿のお昼寝布団もクリーニングして

気分的に衛生的で良いと思われますが中身の綿は

かなり消耗しています。

あと、何年お使いになるかわかりませんがやっぱり

綿の打ち返しをされるか新しいお布団を使って

いただきたいというのが本音ですね。


だって、大事なお子さんの使うものですよ?

お下がりのお洋服みないなわけにはいかないですから。

というわけで、老舗の綿の布団も扱っている当店へ

ご用命くださいね〜