スタッフブログ - 眠り屋・ふとんの 志なのや | 眠りが変われば人生も変わる! あなたの眠りの相談室 | 新潟県上越市大潟区
あなたの眠りを変えるためにあなただけにフィットする枕、ぐっすり眠れる布団、そして眠りに関するご相談なら「眠り屋・ふとんの志なのや」におまかせください! | 新潟県上越市大潟区

スタッフブログ

2015年6月アーカイブ

6月から7月へ

| コメント(0)
 
やっと、梅雨に入ったかと思えば、夏の暑さだったり、
木枯らしばりの風が吹いたりと異常な気候ですね。

今年は空梅雨なのかな〜

掛けふとんも困りますよね〜暑いのか寒いのか分からんって感じ。

いっそ、掛けて寝ないなどという人もいらっしゃいますが
そういう時は、半袖、短パンでなく、通気性のよく吸水性と発散性
の良い、長袖、長ズボンのパジャマなら、寝冷えしないと思います。

多少はエアコンなど、タイマーセットして1、2時間で停まるようにして。



日が昇る時間も早いことで目が覚めやすいですが
昼間になると急に眠気が襲ってくるという方はやはり良い睡眠が取れて
ないですよね。
以外に遅めの飲酒が(量が少なくても)眠りが浅くなる原因のひとつだったり。
ま〜呑みたくなりますが本当に代替えでがまんすると、快眠できたりするので、
心当たりのある方はやってみてください。

ま、そんな方におすすめなサプリメントも出ています
フジフィルムさんから出ている「すっとね」です。

何度も飲んでいますが飲酒しても深い眠りと翌朝の目覚めが良いと
私は実感しています。

当店の店頭にて販売もしています。

でも、本当に「不眠」になってしまった場合の体験話は次回に
詳しくしたいと思います。誰もがなってしまう可能性があるので
ぜひ、参考にしてください。












このたび、私も睡眠改善インストラクターになりました。

眠りの相談など色々としていきましたが
これで、なお一層とお話が出来るようになると思います。

この資格をとるきっかけは自分自身の「不眠症」でした。
そこからさまざまな体調不良で病院にも通いましたし
回復にすごく時間もかかりました。

なった人にしかわからない事を深く科学的な面から学びたい思いで
受講しました。目から鱗のような話もあったし、実体験してみないと
そんな、表面的な話は伝わらないと思う部分もありました。

でも、そうならないように伝えたいという気持ちでいっぱいです。


眠りに良い寝具を薦めて
品物は簡単に売れるお店はあるでしょう。
でも、肝心なことを伝えないで物販されていては
困るのです。

先日もありましたがある量販店!?でウレタンの素材のエアーのお手入れを
店員から聞かされず、購入されて2年足らずで裂けてしまったと言われてしまい
「もしかして、こんな〜ことされてませんか?」と話したら
案の定でした(苦笑)

でなかったら、そんな事はあるはずがないのです。

せっかく、良い物でもきちんと伝えて販売しないといけないのです。
と、当店もあてはまっていたら申し訳ないので、たとえ他のお店で
購入されても、きちんとアドバイスはさせていただいてますよ。

こういう事を書くとわざと挑戦的に試しに来られる某団体の人が
来るので怖いです。お互い医療機関ではないので張り合わなくても
いいんですよ(泣)












先日の火曜日に絨毯展の後遺症で右腕が痛くて、ひどくなってきたので
思い切って鍼灸してきました。

20年前に経験はあるのですが本当に久々に受けると痛い時もあり
ちょっと、怖かったです。

が、やめておけばよかったのに、その後にアルコールをかなり呑んだせいか
普段より酔いの周りが早くて、びっくり(その日は一日食べていなかったせいも
あるが)翌朝、吐き気と下痢で二日酔いの症状なんてものではなくて。。。

あ、鍼灸で体の毒素がすっかり出て来てるのか!と思い出しました。

その日の朝に東京駅で社長と待ち合わせの時間が近づいてる中
必死に気合いで支度をして、ホテルを出てなんとか間に合わせましたが
その頃には「脱水症状」で立ってるのもやっと。

そして、二人で行って来たのが
私は5年振りくらいの東京西川さんの専門店の共同仕入れ会。
すごい無愛想な感じで見てたと思います。
話しかけてこないでくれ〜という感じ。
説明も聞いても頭に入ってこない程の具合の悪さでしたから。

午後からメッセの展示会も見ずに新幹線で帰って来て、何をしてるの私でした。

ま、前日にリビングさんとも色々話もできたので良かったですが。

Kさんの奥様も具合が悪くてメッセに行けなくて残念でしたね
お大事にしてください!








先月は、GWから絨毯のイベント、下旬に掛けては8年も
続いている、健康フェアーのイベントと怒濤のようなスケジュール
でした!!かなり、へとへとでした。でも、嬉しかったです。

たくさんのご来店ありがとうございました。

8年も続いているイベントを振り返ると30代と40代にまたがって
やっていたのでした。その間、中学生だった息子が20才になり
今回、お布団の除菌の裏方を手伝ってもらいました。

もくもくと作業をする中、親子で仕事というのは本当に過酷かもな〜
と感じました。
一時、某有名家具店の親子の泥仕合(あれは宣伝の為の演出かもしれませんが)
仕事のやり方を教えるにも厳しく言えば、カドも立つし。甘ければ、子供の為に
ならないし、なかなか身内を育てていくのも大変だと思います。


昨今、私達の周りを見渡せば、寝具店の若手の2世さんのお宅ばかりで
その親御さんは、さぞ、御苦労されたであろうと感慨深い思いでした。

修行に行っても実践を積むのは実家の店でいうことですから
勝手も違うし、人も違う。帰ってから実家のお店を繁盛させていく
というのもなかなかですよね〜


まだ、2年の猶予があるので、どういう方向性でいくのか
お互い模索していっても良いか〜と思った5月のイベントでした。